補給として青汁を飲みましょう

青汁

 

健康のためには野菜を毎日350gは食べるべきと言われますが、実際は多くの方が不足しています。

 

多忙になるほど肉食中心の食生活になりやすいので、青汁を使用するなどして野菜を補給していきましょう。

 

青汁で多くの野菜の栄養素が摂れるからと言って、それだけに頼るのはやめましょう。

 

生の野菜からでしか摂れない栄養と言うのは存在します。

 

ですが野菜嫌いの方にとって毎日350gをコンスタントに食べることは難しいでしょうから、青汁を飲んで不足分を解消していきましょう。1日に100gが不足しているならば、粉末換算で10gを摂取するとよいでしょう。

 

ただし、商品によって純度は異なってくるので、安すぎる商品は避けたほうがいいでしょう。

 

健康食品全般に言えることは、よいものを求めれば価格が高くなることであり、これは必然的なことです。安くてよいものがあれば理想でしょうが、現実はそう甘くはありません。もしこうした商品があるならば、高い商品が存在する意味はなくなるでしょう。

 

野菜嫌いの方におすすめしたい青汁はケールであり、これは栄養価が他の素材と比較して断トツで高いからです。

 

ケールとはキャベツの原種であり、食感はゴワゴワしているので生食することは通常ありませんが、粉末化すれば問題なく摂取できます。
食物繊維、カロチノイド、カルシウムなどが豊富に含まれており、気持ちを落ち着けるためにも役立つ食材なのです。怒りっぽい方は肉食中心で野菜をあまり食べないと言われていますが、これには少なからずビタミン不足が関係しているのでしょう。

 

ビタミンはサプリでも摂ることができますが、天然の状態で摂るのがベストです。

 

合成したサプリよりも天然の青汁のほうが吸収されやすく、肝臓にも負担をかけにくいというメリットがあります。青汁の素材としては大麦若葉もポピュラーであり、こちらもビタミンやミネラルがバランスよく含まれています。

 

繊維質も多いので腸内環境を整えて、肌トラブル・便秘などを解消するためにも役立つでしょう。

 

そのほか、明日葉や桑の葉などの素材もあるので、自分が得たいメリットに合った素材を選んでいくといいです。

青汁選びに迷ったらこれ!

青汁